☆頭の使い方を、上手になろう!☆ 2022.1.11

☆頭の使い方を、上手になろう!☆ 2022.1.11

 

突然ですが、あなたは頭がいいほうでしょうか。

 

たしかに先天的な頭のよさはあります。

記憶力、発想力、想像力、想起力、集中力など、

そうしたことを総合して「頭がよい」といわれます。

 

実際、生まれつき、能力に恵まれた人がいます。

能力に恵まれた人は、記憶力がいいですから

テストでは高得点を取ることができ、

受験でも有利になります。

よい大学に入れれば、一流企業にも入りやすくなります。

経済的にも有利になるでしょう。

世の中は、能力の高い人が有利となる仕組みになっています。

 

「じゃあ、頭が悪い人は、もう巻き返しはできないの」

私も、同じことを考えていたところです。

大丈夫です。

 

頭が悪ければ「頭の使い方」で差をつけましょう。

使い方さえよくなれば、そもそも悪い頭も、よくできます。

記憶力をはじめとする、さまざまな能力も「使い方」がポイントなのです。

 

能力は先天的ですが、使い方は後天的です。

使い方のほうが、そもそもの能力以上に重要です。

使い方によって、能力が高い人を超えることができる単純な例を出しましょう。

 

たとえば、買い物です。

あなたも一度は、買い物へ行ったことがありますよね。

今日は「カレーを作るから、肉、タマネギ、ニンジンを買いに行こう」と思います。

頭のいい人は、ここで得意の記憶力に頼ります。

買うものを頭で覚えて、買い物へ出かけます。

 

記憶力がいいだけあって、忘れることは珍しいですが、

絶対に忘れないという保障はありません。

いくら記憶力のいい人でも、人間ですから「うっかり」ということがあります。

記憶力のいい人でも絶対ではありません。

 

しかし、頭の使い方が上手な人は「カレー」とだけ覚えます。

カレーですから、買い物のときは「肉、タマネギ、ニンジン……」と

連鎖して思い出していけばいいのです。

1つをヒントに、5も10も思い出していけばいいのです。

 

しかし、さらに頭の使い方が上手な達人は、もはや頭を使わなくなります。

人間の記憶力は頼りないことを自覚しているために、記憶力には頼りません。

では、どうするかというと「紙に書く」のです。

買うものを紙に書けば、忘れることはありません。

どんなに記憶力の悪い人でも、

紙に書けば、もはや記憶力とは関係ありませんから、

忘れることはありません。

 

頭の悪い人が、頭の使い方によって、

頭のいい人を超えてしまったという例です。

能力が高い人、とりわけ「記憶力がいい」という人は、

頭がいいがゆえに頭を使って覚えようとします。

しかし、頭が悪い人は、自分は能力が低いことを自覚しているので、

補助的な方法を考えます。

 

その補助的な方法のほうが、結果として記憶力より強力であったりするのです。

先天的な能力を、後天的な「使い方」によって、すぐ追い抜けます。

 

本当に賢い人は「能力」ではなくて「使い方」が上手なのです。

 

北九州市八幡西区折尾個別指導「オアシス学習塾」

 

 

 

お問い合わせ

    お名前 (必須)
    電話番号
    メールアドレス

    ※確認のためもう一度入力してください

    学年
    ご要望(任意)

    上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。