☆1学期定期テストの見直し☆ 2021.6.19

☆1学期定期テストの見直し☆ 2021.6.19

 

 

1年の最初のテストである1学期の定期テストが終わりました。

中学1年生のお子様にとっては初めての定期テスト。

3年生のお子様にとっては絶対に落としたくない大切なテストでした。

 

お子様は満足いく点数を取れたでしょうか?

「もう少しいい点数を取れた」「思ったより悪い点数になってしまった」などなど、

感じることは様々だと思います。

 

1学期の定期テストは1年の最初のテストですから、

今回のテスト対策と結果を良く見直して次に活かすことで

次回点数を大きく上げることができるでしょう。

 

次のテストからさらに良い点数を取るためにも必ず見直しと反省をしてみて欲しいと思います。

 

そこで今回は1学期の定期テストについて見直して欲しいポイントを解説します。

 

 

1.先生の出題傾向を見抜く

 

学年ごとに指導担当の先生が何人か変わり、定期テストの出題傾向も変わってきます。

すると2年生と同じ対策をしていても3年生では同じ点数が取れなかったということも。

今回の最初のテストをよく見直し、先生がどのような問題を中心に出題しているのを把握しましょう。

 

具体的には

  • 出題される問題のレベル
  • 問題の種類(計算問題が多い、論述が多いなど)
  • どこから問題を作ってくるか(問題集や授業ノートなど)

などを中心にテストの見返してみて下さい。

 

それができたら、次に先生の出題傾向に合わせた勉強のやり方を考えていきます。

よく出題される範囲を中心に勉強できていたかを反省しましょう。

 

例えば

  • 授業ノートからの出題に対応できなかったから、テスト前に何度もノートを見直すようにしよう
  • 予告問題を正解できなかったから絶対に正解できるようにしていこう
  • 説明する問題が多かったからその対策をしていこう

といった感じですね!

 

先生によっては癖のある問題を出してくるので対応できるような対策法を考えましょう。

 

 

2.テスト対策を見直す

 

  • テストに向けて十分な対策ができたのか?
  • テスト対策を始める時期は合っていたか?
  • 1日の勉強時間はちょうどよかったか?

 

テストが終わった後にはテスト対策がバッチリだったか反省を行いましょう。

定期テストの度にテスト対策の反省をして次に活かす重要性は何度もお話ししていますが、

学年が変わると生活習慣も変わってくるので特に1学期の中間テストの反省は大切です。

特に1年の最初のテストの反省は大切です。

 

 

3.1年生は対策法を1から学ぶ

 

1年生のお子様にとっては初めての定期テストということで手探りの状態で頑張られたと思います。

1年生の最初の方のテストは簡単なので、自分なりのやり方でもそこそこ良い点数を

取れた子も多いのではないでしょうか。

しかし、次第にテストは難しくなり効率の悪い対策法では高得点を取るのは難しくなってきます。

今後も高得点を維持するためにはより効率の良い対策法を実践していかなければなりません。

 

少しづつ自分に合った対策法を見つけるようにしましょう。

 

 

おわりに

 

今回は1学期の中間テストを終えて、次のテストのために考えて欲しいことを紹介しました。

今回のテストの結果がどうであれ、大切なのは次のテストではさらに良い点数を取ることです。

せっかく頑張ってテストを受けたのですから、しっかりと反省をして次のテストに活かせるようにしてみて下さい。

 

北九州市八幡西区折尾個別指導「オアシス学習塾」

 

お問い合わせ

    お名前 (必須)
    電話番号
    メールアドレス

    ※確認のためもう一度入力してください

    学年
    ご要望(任意)

    上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。