☆由来や理由がわかると☆ 2021.9.23

☆由来や理由がわかると☆ 2021.9.23

 

由来や理由がわかると、記憶に強く残る。

 

知識だけでは、単独の記憶です。

それだけでは、単独の知識なので忘れやすくなります。

記憶力を高めるためには、由来・理由を調べることがコツです。

 

知識同士が結びつき、記憶が幅や奥行きを持ったネットワークになるからです。

自分の生活に生かせるようになります。

 

たとえば、フランス史には、国王であったルイ16世がギロチン台で処刑されたという歴史があります。

フィクションではなく、過去の本当にあった話です。

それだけを覚えるのでは、単なる知識で「へえ、そうですか」と思い、味気なく忘れやすくなります。

 

歴史の勉強をするときには、王様なのに、なぜ処刑されたのかという「理由」も調べます。

歴史が動くとき、必ず「理由」があります。

そのほとんどは、人間の「むかつく」という感情です。

歴史は常に、人の感情によって動いています。

 

当時のフランスは、国からの重税に苦しんでいました。

国王ばかりが華やかな生活を送っていたことに平民は腹を立てて、王をギロチンで処刑したという経緯があります。

理由を調べてわかると「なるほど」と納得でき、歴史の深さを感じることができ、勉強も面白くなります。

理由がわかると「同じことが二度と起こらないように」と、参考にすることができるでしょう。

由来や理由がわかると、いいことも悪いことも、自分の生活に生かせるようになります。

由来や理由を、調べてみましょう!

 

北九州市八幡西区折尾個別指導「オアシス学習塾」

お問い合わせ

    お名前 (必須)
    電話番号
    メールアドレス

    ※確認のためもう一度入力してください

    学年
    ご要望(任意)

    上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。