☆高校入試の勉強時間は?☆ 2018.11.3

☆高校入試の勉強時間は?☆ 2018.11.3

実は受験勉強で必要な時間というのは、決まっていません。

中学生の平均勉強時間と一緒で、人によって違います。

例えば、現在の実力が偏差値40だとします。
そして、最終的に偏差値50の高校に進学したいとします。

現在の時期は6月です。

この場合、6月から3月までの9ヶ月の間に、偏差値を10上げなければいけないわけです。
この子の場合は、最低でも1日3時間くらいは勉強しないと、上がらないと思います。

 

ただ、偏差値50の学校に行きたいと思っていて、既に偏差値が50以上あるのであれば、
2時間ほどの勉強時間でも十分合格できます。

ですので、

  • 自分の今の学力のレベル
  • 自分が目指す高校のレベル
  • 現在の時期

この3つによって違うので、
一概にどれくらいが正解と言うのはありません。

 

ただ目安としては最低1日1時間、
できれば2時間くらいは勉強すると良いと思います!

 

 時期別勉強時間の目安

 

平日の勉強時間の目安 最低1時間、できれば3時間
土日の勉強時間の目安 最低3時間、できれば6時間
夏休みや冬休みの場合 土日と同じで最低3時間

 

 

不安なら友達以上に勉強量を増やそう!

目指すべき学校以上の成績が既にある場合、

それほど大量な勉強時間は不必要です。
ただ、勉強をやらなくなるのは、絶対にいけません!

勉強ってすごく面白くて、伸びるのは本当に少しずつです。

 

しかし落ちるのは一瞬です。
つまり、今成績が取れていたとしても、
少しサボるだけで一気に成績が落ちるわけです。

 

しかも、中学3年生という 受験シーズンは特にそうで、

周りがたくさん勉強する分、落ちる速度も速いです。
ですので、今余裕だと思っているのであれば、
それは幻想だと思って勉強しましょう。

 

また、人には常に不安な気持ちがあると思います。
こういった気持ちがあるのであれば、
それは勉強するいいきっかけになりますので、
この気持ちを上手く使って一気に勉強しましょう。

 

【高校受験の勉強時間を増やす方法】

①朝型か夜型?

勉強時間を増やす上で大切なことは、自分は朝型か夜型かを意識して勉強することです。
朝型なら、起きる時間を1時間早くして早朝に勉強した方が集中できます。
夜型の場合、次の日のことも考えて勉強時間を決めましょう。

 

②何を削るかを考えよう

結局時間と言うのは、人間はみんな平等で24時間しかありません。
仮に勉強時間を増やすのであれば、
その代わりに今まで使っていた何かの時間を削る必要があります。
テレビを見る時間、ゲームをする時間、遊ぶ時間、寝る時間、
どれを削るかを意識してから計画を立てましょう!

 

参考までに!

高校受験に対して、

具体的な計画が立てられない・・・
という中学生も多いと思うので、

実際に私は中学3年生の時、
1日どれくらい勉強していたのか
少し説明します。

私の場合、1日の勉強量は、
平均すると1日2~3時間くらいだったと思います。
毎日18時ごろまで部活があったので、
夜20時頃から23時頃まで勉強していました。

休みの日は、4~5時間くらいやっていたと思います。

それで、第一志望の県立高校に合格できました。

 

ただ部活で疲れて眠たいときは、
15分だけベットで寝て、
その後勉強していた記憶があります。

良かったら参考にしてみてください。

 

北九州市八幡西区折尾個別指導「オアシス学習塾」

 

 

お問い合わせ

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。