☆社会の学習法☆ 2017.12.14

☆社会の学習法☆ 2017.12.14

 

社会の勉強方法の基礎はワーク!正しく勉強してますか?

 

社会の定期テスト対策も 理科の定期テスト対策と同じで

ひたすらワークを解くだけで、簡単に成績が上がります。

 

これは中1でも中2でも中3でも同じ ですし、

全国どの都道府県でも同じ傾向です。

 

ただ、学校の授業を聞いただけで、 全てが頭に入っていると思ったら大間違い!

おそらく20%ほどしか入っていない思います。

 

つまり、初めてワークを解いたときは 20%くらいしかできないということです。

 

ただ2回目は40%、3回目は60%、 4回目は80%、5回目は95%という感じで

やればやっただけ成績が上がっていきます。

 

人によって何回解けば ワークが完璧になるかは異なります。

 

ただ、やればやっただけ成績が上がるのは間違いないです!

まずは完璧にマスターできるまでワークを解きましょう。

社会の勉強方法もこれほどシンプルなのです。

 

【よりスムーズにワークを覚える方法】

 

授業を受ける前に一度ワークに目を通そう

授業を受ける前に一度、 今回学習する部分のワークを解いておきましょう。

 

ほとんどわからないと思うのですが、一度解いておくだけで 授業の理解度が大幅に高まります。

その結果、授業を受けるだけでワークの内容が頭に入ってしまうのです。

 

声に出して五感で覚えよう!

 

多くの中学生が物事を覚えるとき、 ひたすら書いて覚えようとします。

これは間違ってはいないのですが、 さらに効率を上げるためには声に出して覚えていくと良いです。

五感を使って覚えていくことで記憶スピードが上がります!

 

【重要】歴史・地理・公民など分野ごとの社会の学習のコツ

 

ワークを解く上で、 少しだけ意識して欲しいことがあります。

こういった細かい部分を意識することで、 さらに20点ほど点数アップさせることができます!

 

歴史

歴史の問題は、年代に意識を向けてください。

つまり、どの出来事がどの出来事の後に起きたのかを

意識しながらワークを解いていきます。

この意識を持つだけで、かなりスラスラと頭に入っていきます。

 

地理

地理の問題は、 グラフを使った問題に力を入れるようにしましょう。

グラフの数字はテストで変わることもあるので、 ただ丸暗記するのではなく、

解き方を覚える という意識で問題を解いていきます。

 

公民

公民の問題は、時事ネタと絡めた問題に意識を向けます。

時事ネタというのは最近起こっているニュースです。

これが関係している問題は高確率でテストに出るので、 要チェックしましょう。

 

資料集と教科書の音読で社会の成績は更に上がる!

 

学校の先生によっては、 教科書や資料集の細かいところから 問題を作る人もいます。

 

この場合、ワークを解くだけでは漏れがあります。

ですので、ワークを完璧にした後、

ひたすら 教科書と資料集に目を通しましょう。

 

特にワークに載っていない単語や年代、 グラフなどがあった場合そこは要チェックです!

緑ペンで色を塗って、赤下敷きで隠す というような技法を使ってそのまま頭に入れていきましょう。

 

社会の定期テストは応用問題が作るのが難しいので、

教師は問題のレベルを上げるためにわざとこういった、

細かい部分からテストを出題します!

テストを作る側の気持ちになって対策することが必要です。

 

【社会のテストで90点以上を狙うその他の方法】

 

①授業ノートを見直す

黒板にたくさんの内容を書く社会の先生の場合、

ワークや教科書に載っていない内容を黒板に書いておいて、

それをテストに出す先生もいます。

この場合、テスト前に少しノートを見直しましょう。

 

②他の問題集をやる

学校のワークには載っていないけど、教科書には載っている内容。

こういった内容を勉強するとき、 学校以外の問題集をやるのも一つの方法です。

ただ、時間が結構かかってしまうというデメリットもあるので、

もうこれ以上やることがない!という場合のみにしましょう。

 

北九州市八幡西区折尾個別指導「オアシス学習塾」

お問い合わせ

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。