☆国語の学習法☆ 2017.11.23

☆国語の学習法☆ 2017.11.23

 

STEP1:国語の定期テスト対策では効率良く漢字を覚えよう!

 

定期試験の試験範囲に必ず漢字が入っていると思います。

ここを完璧にするわけです。

 

多くの学校で漢字は 10~30点ほどのウェイトを占めています。

ただ覚えるだけで点数が取れる漢字は、

やらないと損です。

 

 

漢字を覚えるときのコツとして、 読みと書きの両方を覚えると良いです。

これは定期試験でも入試問題でも同じです。

 

 

たまに、読みだけ覚えたり、書きだけ覚えたりする 中学生がいるのですが、

テストではどちらが出題されるかわかりません。

必ず両方を覚えるようにしましょう!

 

 

【漢字を覚えるときのポイント】

 

①単語カードを使う

漢字ドリルなどを見ながら 直接ノートに書いて覚えていくのもいいですが、

単語カードを使って覚えていくと、 より効率的より短時間で覚えられます。

 

②書くよりもテスト

ひたすらノートに書いて覚えていくのもいいですが、 1度書いたらすぐにテストをして、

できなかった漢字のみもう一度書いて再びテスト。

こういったリズムで勉強したほうが早く覚えられます。

 

 

STEP2:教科書の音読をすると国語の点数がアップする!

 

毎回たくさん勉強しているにもかかわらず、 なかなか成績が上がらない子に多いのが、

音読をしていないという特徴です。

 

国語のテストって、

1.次の文章の( )に当てはまる接続詞を答えなさい

2.次の文章の( )に当てはまる言葉を書きなさい

という問題が結構出ると思います。

 

 

この問題を解くための最も簡単な方法は、

頭の中に教科書の文章をそのまま叩き込むことです。

 

 

頭に入れる上で最も簡単な勉強法は音読です。

騙されたと思って一度音読をしてみてください。

 

50点までは簡単に点数を上げられます。

 

【音読をするときのポイント】

 

①毎日の積み重ねで音読をする

音読をするときのポイントは、 長期的に計画を立ててやっていくことです。

1日10回を3日間かけて30回音読するのではなく、

1日2回を15日間かけて30回音読したほうが、

頭に入りやすいです。

 

②黙読ではダメな理由?

音読が嫌いな中学生の場合、 どうしても黙読をしようとしてしまうのですがこれはダメです。

なぜなら黙読は目しか使わないので頭に残らないからです。

音読は口と耳も使うのでより記憶に残りやすくなります!

 

STEP3:中学校の国語のワークを覚えると点数がアップする!

 

実は定期試験の問題は先生が考えているのではなく、

プリントやワークからそのまま持ってくることがよくあります。

なので、プリントやワークの答えを  そのまま覚えることでも、

簡単に解けてしまうのですが。

 

ワークを解いたにもかかわらず同じ問題が出ても正解できなかったり、

同じ問題だったことにも気付かなかったりするのは、

よくあることです。

 

ワークを終らせて満足していては点数に結びつきません。

 

【学校のワークを解く時のポイント】

 

①覚えるのではなくやり方をマスターする

学校のワークの答えを覚えましょう!と言うと、

どうしても答えをそのまま覚えてしまう子がいます。

しかしこの方法を使っても点数は上がりません!

答えを覚えるのではなくきちんとやり方や理由まで覚えましょう。

 

②1回で覚えられると思ったら大間違い!

よく「1回問題を解いたのですが覚えられない」 と悩んでいる中学生がいるのですが

これは当たり前です。

人間と言うのは繰り返し繰り返し問題を解くことで ようやく頭に入るようになります。

最低3回解きましょう!

 

1回目 ノートに一通りすべて解いてみる。

2回目 間違えた問題は、解説を確認しながら解き直す。

3回目 ワークに直接書き込みながら最終チェック。

 

これで80点までは点数を上げられます。

 

STEP4:文法問題と長文読解力をアップさせて高得点を狙おう!

 

もしあなたが国語の定期試験で、 どうしても90点以上を狙いたいと思ったら、

何でも良いので学校で売っていない問題集を 1冊購入してきてください。

 

 

その問題集を使って文法問題と長文読解力を 付けていくと一気に90点を超えらえるようになります!

 

 

基本的に中学国語の定期試験と言うのは、 学校で習ったところから出題されます。

STEP1からSTEP3の方法を実践すれば、

学校で習ったところは完璧にマスターできるのです。

 

 

その勉強に加えて、STEP4の勉強方法で、

文法を解く力と長文を解く力の応用力を付けていくことで、

一気に90点の大台に乗せることが可能になります!

 

 

特に、品詞の分類や倒置法などの活用技法は、 学校の問題集を1度解いただけで、

すぐに理解できるものではありません。

 

 

他の問題集の練習問題をしっかりと解いていくことで、

初めて解き方の根本的な考え方が理解できるので、

できるだけこの勉強方法で応用力を付けてください。

 

【本音を言うと90点以上は狙わなくてOK】

 

①時間が必要だから!

この方法を実践すれば、 国語の試験で90点以上取れるようになります!

ただこれには実は一つ大きなデメリットがあります。

それはかなり時間が必要ということです!

 

②国語を伸ばすよりも他の教科を伸ばそう!

私自身は時間をかけて国語で90点以上を目指すくらいなら、

まず80点を取れるようにして、そのあとは 他の教科の点数を伸ばした方が

結果的に内申点は上がる! と思っています。

 

何に時間を使うべきか一度考えてみてください。

 

北九州市八幡西区折尾個別指導「オアシス学習塾」

 

お問い合わせ

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。