☆県模試☆ 2017.9.30

☆県模試☆ 2017.9.30

本日、オアシス学習塾では、

中学3年生による 福岡県高校入試模擬試験 県模試を行なっています。

 

 

そもそも中学生の模試とはどういうもの?

そもそも中学生が行う

模試と言うのはどういったものでしょうか。

これは何かというと、 高校受験の合格率を判定する ためのテストだと考えてください。

2年生の夏休み頃から行われ始め、 「あなたの志望校は現在A判定ですよ」 という結果を

出してもらう業者のテストが模試です。

 

模試の受験方法については、 基本的には次の3パターンに分かれます。

 

①塾で受ける形

あなたが今どこかの学習塾に通っているなら、 そこで行われるテストになります。

塾の先生が時間を計ってテストを行い、 採点から結果まで全てやってくれると思います。

 

②自宅で受ける形

自宅にテストを郵送してもらい、 自分で時間を計りながら回答をして、 できた回答を

郵送で送って業者に採点をしてもらう形です。 塾に入っていない子が行うのはこの形になります。

 

③近くの大学などで受講する形

塾に通っていない子が業者にお金を払い、 近くの大学などでまとめて受講する形です。

大学入試対策の場合はこの形が多いのですが、 高校入試対策の場合あまりこの形は多くないです。

 

3年生の夏休みまでは偏差値を気にしてはダメ

実際に模試を受けたことがある子なら

わかると思うのですが、 基本的に模試の結果と言うのは、

自分が思っている以上に悪いです。

学校のテストと違って、 問題が難しく全然解けなかったり、

時間内に終わらないことはざらにあります。

 

その結果普段定期テストでは80点近く取っている子が、

模試だと50点以下ということも良くあります。

なぜこんなのことが起こってしまうのかと言うと、

模試はわざと問題のレベルを上げているからです。

 

将来東大を目指す子も受講しているので、 あまり問題が簡単だと その子たちはみんな

100点になってしまいます。 ですのでわざと最高レベルの難しさにしているわけです。

 

だからもし 模試の偏差値が思っている以上に悪くても、 あまり気にしてはいけません。

さすがに3年生の夏休み以降になってくると、 少しずつ偏差値も上がってくるので大丈夫です。

 

模試の勉強法①過去問を3回解こう

では模試を勉強する場合、

どういった流れで進めて行けばよいのか? まず最初にやるべきことは 過去問を解くことです。

 

普段あなたが受けている中学校のテストと、 模試のテストと言うのは、 180度異なります。 特に

 

  • 問題数
  • 問題のレベル
  • 回答の記入の仕方
  • 時間配分

 

などは大きく異なります。 まずはそれになれるために過去問を解くことが大事です。

 

最低でも3回ほど過去問を解けば、 解き方がわかってくるので、

少しずつ時間内に解き終わるようになってきます。

 

また過去問を解く上で大事なことは、 時間配分を意識して解くことです。

45分のテストなら必ず45分以内に解けるように、 時間を使っていくようにしましょう。

 

模試の勉強法②高校受験対策問題を解こう

過去問を3年分解いたら、

次は高校受験対策問題を解いていきましょう。

書店に行くと様々な入試対策問題集が 売っていると思います。

 

もちろん、オアシス学習塾でも用意してあります。

 

これを買ってきて、 それを繰り返し解いて行くと 実力が付いていくので、

偏差値が上がっていくわけです。

 

結局模試と言うのは高校入試のためのテストです。

つまり受験勉強をすることが勉強法の基本なのです。

 

北九州市八幡西区折尾個別指導「オアシス学習塾」

お問い合わせ

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。