☆成績が悪かった時☆ 2021.10.23

☆成績が悪かった時☆ 2021.10.23

 

誰でも、成績は上がることもあれば下がることもあります。

実は下がってしまったときが、大チャンスです。

気持ちの切り替え方次第で、今後の成績が左右されるからです。

そこで本日は、どのように気持ちを切り替えれば、

次のテストで挽回することができるのかをお伝えしていきます。

次のテストで過去最高得点を取ることができれば、つらい気持ちも吹っ飛ぶはずです。

ぜひお子さんにもシェアしていただければ幸いです。

 

落ち込むことは悪いことではない

まずお伝えしたいことは、落ち込むのは悪いことではないということです。

落ち込むからこそ、改善しようという気持ちが出てきます。

その結果、次の点数UPにつながるでしょう。

そのとき、成績が悪かった原因を把握しなければいけません。

勉強時間は足りていたか、正しいやり方ができていたか、集中力は続いていたかなどをチェックさせましょう。

できていなかったところを改善すれば、次のテストで挽回することができます。

つらい気持ちがあるからこそ、次へ向けて頑張ることができるのです。

 

忘れられるタイミングは、上がったとき

つらい気持ちは、次のテストで過去最高得点を取ればすべて吹っ飛びます。

そのためには、今日からそこに向けて勉強を開始させましょう。

前回、テスト2週間前から勉強していたのなら、今回はもっと早い段階、

つまり今この瞬間から始めれば確実に点数は上がります。

このつらい気持ちをバネに、今からテスト勉強をはじめさせて、

次のテストで過去最高得点をとるという気持ちにさせましょう。

 

落ち込みすぎて体が動かないときは?

ただし、落ち込みすぎて身体が動かないこともあるかもしれません。

そのときは、無理をせず休ませてあげましょう。

1日ぐらい家でゴロゴロ寝ていても問題ありません。

また、好きなことで気分転換をさせましょう。

ゲーム、部活、ショッピングなどどんなことでも大丈夫です。

さらに、つらい気持ちを人に聞いてもらうことで、心がリフレッシュします。

まずは親であるあなたが、子どもの話を聞いてあげましょう。

「あなたが勉強しなかったからでしょ」と言いたい気持ちはグッと抑え、

つらい気持ちに共感をしてあげるといいです。

 

本日のまとめ

テストの結果が悪いと、誰でも落ち込んでしまいます。

しかしこのつらい気持ちは、次のテストで過去最高得点を取ればすべて吹っ飛びます。

そのためには、今回成績が落ちた原因を把握し改善させましょう。

前回よりも早い時期から勉強をスタートすれば、必ず点数UPにつながります。

ただし身体が疲れているときは、無理をせず休ませたり、

気分転換をさせたりしてから、勉強に取り組ませる方が良いです。

 

北九州市八幡西区折尾個別指導「オアシス学習塾」

 

お問い合わせ

    お名前 (必須)
    電話番号
    メールアドレス

    ※確認のためもう一度入力してください

    学年
    ご要望(任意)

    上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。