☆受験対策1・2年生☆ 2020.5.31

☆受験対策1・2年生☆ 2020.5.31

 

高校受験の勉強方法がわからない」「スケジュールや計画表の立て方がわからない」と悩んでいませんか?

ここでは、学年別・科目別に「超効率的受験勉強法」と「誰でも偏差値が上がる学習スケジュールの立て方」

をまとめてみました。

この通り実践していただければ、第一志望の合格率はグングン上昇!

 あなたが行きたい高校に合格し、部活、恋愛、友達関係などが充実した楽しい高校生活を送れるはずです。

 

 中1の子はまずは定期テストで点数を取ろう!

偏差値70以上の高校を目指していく子であれば、確かに中1から受験勉強をしていった方が

合格率は上がると思います。

そうでなければ、中1という時期は最低限、定期テストの勉強だけはしっかりやって

それ以外は部活や遊びに力を入れた方が結果として合格率は上がると思います。

なぜなら、この時期に遊んでおかないと後で「勉強せずに遊びたい」と思ってしまうからです。

その結果受験直前になって遊んでしまい、合格率が大きく下がります。

まだ中学生が始まったばかりの1年生は、部活と遊びと学校に慣れることだけを意識すれば十分だと思います。

定期テストの3週間前からだけ勉強を頑張りましょう!

 

中2の場合の受験勉強スケジュール

中学2年生になると少しずつ、受験勉強を始めていかないといけなくなります。

ただここでも2年生の12月ごろまでは、部活や文化祭などに集中した方が良いです。

なぜなら中2という時期は、中学校生活の中で最も充実した1年間になるからです。

部活でもレギュラーになる子が出てきたり、文化祭でも歌を歌ったりする子が出てきます。

ある意味受験勉強前の最後の楽しい時間とも言えるので、悔いがない程度まで遊びましょう。

そして文化祭などが終わり、3学期になったら一気に受験勉強に、舵を切っていきましょう。

では中2の3学期にやる受験勉強は何かと言うと、この時期にやるべきことは次の2つです。

 

12月から2月は1,2年生の数学と英語の復習

まずは1,2年生の数学と英語の復習をしましょう。2つの教科というのは復習するのに時間がかかります。

早い段階で始めていかないと後で絶対に時間が足りなくなるからです。

ではどのように復習していけばよいかというと、一番楽なのは1,2年生の学年末テストをやり直すことです。

学年末テストは1年間で習った最も大事な問題が詰まっています。

これをやり直すことで、1年分の復習ができます。学年末テストをやり直すと、苦手分野が見つかると思います。

そこを問題集を使って重点的に復習しましょう。

また余裕があれば、学年末テストだけでなく、1年間に行った全てのテストをやり直すと効果的です。

早い段階から復習をしておけば、3年生になってからの受験対策が非常にスムーズになります!

その結果、第一志望の合格率も大きく上がると思います。

 

 

中2の3月(春休み)は問題集の選定と勉強計画

これから長い長い受験勉強に入っていくわけですが、そこで大事なのが

1年以上使っていく参考書や問題集を決めることです。

具体的な決め方については、教科ごとの勉強法の部分を参考にして頂きたいのですが、

大事なことは後で変えることがないようにしっかりと納得する問題集と参考書を選ぶようにすることです。

またこれから1年間の学習スケジュールもこの時期に大雑把に決めておくと良いでしょう。

①1日何時間程度勉強するのか

②春休みや夏休みなどは何をするのか

③定期テストの学習との兼ね合いはどうするのかなどを決めておくようにしましょう。

間違ったスケジュールで受験勉強をしていくと入試直前になってから焦ります。

その時にはもう手遅れです。

今からどういったスケジュールで受験対策をしていくかきちんと計画を立てていきましょう。

 

 北九州市八幡西区折尾個別指導「オアシス学習塾」

 

お問い合わせ

    お名前 (必須)
    電話番号
    メールアドレス

    ※確認のためもう一度入力してください

    学年
    ご要望(任意)

    上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。