☆受験対策・理社☆ 2020.6.16

☆受験対策・理社☆ 2020.6.16

社会の高校入試対策のまとめ

社会の受験勉強というのは、とにかく短期間で偏差値が上がるので、中3の2学期からはじめても結果が出ます。

今全く受験勉強をしていないという場合は社会だけに絞って、勉強をしていくというのもおすすめです。

3か月死に物狂いで勉強すれば、誰でも8割以上解けます。

数学や英語は偏差値が上がるのに時間がかかるので、もし残り時間が少なければ社会に集中するのもおすすめです!

 

ステップ① ひたすら語句を頭に叩き込もう!

受験勉強を始める時期にもよるのですが、社会の学習の基本は「暗記」です。

つまり語句をしっかりと覚えることで、簡単に偏差値を上げることができるのです。

ではどうしたら語句を覚えられるのかというと、問題集を繰り返し解くに尽きます。

  • 学校で使っている問題集
  • 書店に売っている受験対策問題集
  • 塾で配布された問題集
  • あなたが一番使いやすいと思うもので良いので、とにかくひたすら問題集を解いてください。

    今まで定期テストのたびに、しっかりと語句を覚えてきた子であれば2回、                             いつもうろ覚えで進めてきた子であれば4回は、問題集を解き直すようにして下さい。

ステップ② 過去問を3年解こう!

次にやるべきことは過去問を解くことです。

過去問を解くことで都道府県ごとの傾向がつかめたり、覚えられていない部分がわかります。

またグラフ問題などの、覚えるのではなく理解する問題を解いていく力が身につきます。

国語ほど重要ではないので、時期としては12月に入ってからでOKです。

最低3年分は過去問を解くようにしてください。

この時、きちんとタイマーで時間を計って解くようにしてください。

時間配分を体でマスターするのが重要です。

 

ステップ③ 苦手分野を再度暗記しよう

過去問を解くことで見えてきた、自分の苦手な部分を再度覚え直しましょう。

歴史が苦手な子であれば、再度歴史の部分のみ問題集を解き直しましょう。

地理のグラフが苦手な子であれば、グラフの問題を繰り返し解きましょう。

苦手分野が克服できれば、10~20点くらいアップできます。

ポイントは寝る前に語句を覚えることです。

寝る前に頭に無理やり入れると、寝ている間に脳みそが知識を整理します。

そして朝起きた時にざっと復習すると良いです。

 

理科はこの問題集を使って合格をつかみ取ろう!

理科の受験勉強法も社会とほとんど同じです。

1冊問題集を決めて、それをひたすら繰り返すことになります。

ただ社会の勉強法の時には、問題集の選び方について、あまり詳しく触れていませんでしたので、

ここでは少し問題集の選び方にも触れていきます。

問題集の選び方を間違えると、受験は絶対にうまくいきません。

ここでお伝えする方法は、理科以外の全ての教科の問題集選びに活用できる方法です。

この方法で5教科全ての問題集を選ぶだけで、勉強効率が2倍はアップするので、

楽して偏差値がグングン上がる状態になると思います。

 

ステップ① 使いやすい問題集を選ぶ

高校受験の勉強を進めて行くうえで、問題集選びは非常に重要です。

なぜならここを間違えると、結局入試本番までに時間が足りなくなり、

全ての範囲を覚えることができなくなるからです。

では問題集はどういった基準で、選んでいったらよいのかと言うと、

子どものレベル(偏差値にあったものを選ぶのが大事になります。

偏差値60くらいの子であれば、分厚くて細かいところまで掲載されている

ハイレベル問題集を使ってOKです。

偏差値40の子が上記の問題集を使っても、おそらくわからないところだらけで、

時間がかかりすぎてしまうわけです。

この場合は、ペラペラで良いので、きちんと繰り返し学習できるレベルの、

問題集を選ぶのが良いです。もちろん学校の問題集でも大丈夫です。

 

ステップ② 問題集を繰り返し解く

自分に合う問題集が決まったら、後はそれをひたすら解いていきましょう。

最低でも2回、できれば4回は解きましょう。

理科の場合は社会と違って、多少計算問題が出てきます。

もしわからなければ、きちんと解けるようになるまで、先生に教えてもらってください。

わからないまま放置しておくと、そこで点数が頭打ちになってしまいます。

ポイントは付箋を貼っておいて、まとめて質問することです。

 

ステップ③ 過去問+苦手分野補強

12月になったら過去問を解き、そこで出てきた苦手分野を補強していきましょう。

この辺りは社会と同じ流れになります。

あと理科の場合は、過去問を解きながら「わからない問題はどんどん飛ばす」という練習をしてください。

飛ばす練習をするのも過去問を解く目的の一つです。

苦手分野に時間を取られると、せっかく取れるはずだった得意分野で、

点数を落としてしまう可能性があります。

これは注意するようにしてください。

 

定期テストが一番大事

ここまでお伝えした方法を実践すれば、基本的な受験勉強はできると思います。

ただ最後に一つ大事なことをお伝えします。

受験勉強以上に大事なことは、定期テストの勉強をしっかりする!ということです。

中3になると、受験勉強ばかりに意識がいってしまい、定期テストの学習を疎かにする子が多いです。

しかしこれは本末転倒です!なぜなら中3の定期テストに出る内容は、そのまま受験にも出るからです。

また定期テストで点数を取れば、内申点が上がるので、高校入試の合格率も大きく上がります!

だから一石二鳥なのです。

必ず、一番優先するのは定期テストの勉強、余った時間で高校受験の勉強をするようにしてください。

 

北九州市八幡西区折尾個別指導「オアシス学習塾」

 

お問い合わせ

    お名前 (必須)
    電話番号
    メールアドレス

    ※確認のためもう一度入力してください

    学年
    ご要望(任意)

    上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。