☆成績の上がる家庭学習のしかた☆ 2019.11.21

☆成績の上がる家庭学習のしかた☆ 2019.11.21

以前のブログで家庭学習は、「暗記に力を入れましょう。」と書きましたがその続きです。

 「家庭学習のやり方がわからない」「子どもが自ら進んで家庭学習をやらない」

という悩みをお持ちではないでしょうか?

実は家庭学習というのは、正しいやり方で進めるだけで、

簡単に定期テストの点数を上げることができます!

この方法で家庭学習を進めていくだけで、驚くほど簡単に、成績が上がります。

 

 子どもが家庭学習をやらない2つの理由

そもそも、なぜ子どもは家庭学習を自ら進んでやらないのでしょうか?

実は子どもが怠けているからではありません。

次の2つの原因があるから、子どもは自ら進んで家庭学習を行わないのです。

 

 1.やり方がわからない

一つ目の理由は、そもそもやり方がわからないケースです。

例えば小学校低学年の子などは、そもそも勉強の仕方がわかりません。

先生から「漢字20個書いてくるのが宿題ね」と言われればできるのですが、

「ノート1ページに好きな勉強をしましょう」と言われても、やり方がわからないのです。

しかし、家庭学習の場合、ノート1ページに好きな勉強をするというパターンが多いです。

つまり、やり方がわからないという理由で、できない子がたくさんいるのです。

2.やる目的が見つからない

もう一つは、やる目的が見つからないパターンです。

小学校低学年の子であれば、親が褒めてあげれば子どもは勉強を頑張ります。

しかし、高学年くらいになってくると、褒められるだけではやる気が出ません。

その結果、「何で勉強しないといけないの?」という疑問をもち、勉強しなくなるのです。

この場合、子どものやる気を引き出すことが重要です。

上手に動機付けすることができれば、自ら進んで家庭学習をできるようになります。

 

 これだけで定期テストの点数が上がる正しいやり方

では、どのように家庭学習を進めていけば良いのでしょうか?いろいろなやり方があるのですが、

まずは以下の3つのパターンを試してみてください。

この3つが最も基本的な家庭学習の進め方になります。

今まで何も考えずに家庭学習を行っていたなら、

この方法に変えるだけで、定期テストの点数がすぐに上がると思います。

 

パターン①学校の問題集を解きなおす

最初のパターンは、学校の問題集を解きなおすという方法です。

中学生の場合、定期テストごとに学校から課題が出ると思います。

ほとんどの場合、問題集を解くという形だと思います。

仮に、問題集を10ページ解くなら、家庭学習という形で、

そのページを全てノートに解きなおしましょう。

このやり方をすると、家庭学習を利用して、問題集を繰り返すことができます。

結果的に、問題集の内容が頭に入るため、定期テストの点数UPにつながるです。

 

パターン②過去の定期テストを解きなおす

2つ目のパターンは、過去の定期テストを解きなおすことです。

例えば、今5月だとして、第1回定期テストが4月に行われたとします。

この場合、家庭学習という形で、第1回定期テストを解き直すのです。

定期テストは、そこまでに習った分野の中で最も重要な問題が集まったものです。

定期テストを解きなおすことで、重要語句を復習したり、暗記したりすることができます。

その結果、中学受験や高校受験対策につながるのです。

 

 パターン③漢字や英単語を覚えるのに利用する

最後は、漢字や英単語を覚えるのに家庭学習を利用するパターンです。

例えば、普段単語カードを利用して漢字を覚えているとします。

もしそうなら、単語カードの答えを、そのまま家庭学習ノートに書いてしまいましょう。

すると、家庭学習を利用して、漢字を覚えられます。

仮に家庭学習を1日1ページやらないといけないとします。

1ページあれば、おそらく漢字を20個は覚えられると思います。

漢字も覚えられ、家庭学習も終えることができる。

まさに一石二鳥の勉強方法だと言えます。

 

北九州市八幡西区折尾個別指導「オアシス学習塾」

 

お問い合わせ

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。