☆「気になる」うちに、調べる癖をつける☆ 2017.6.29

☆「気になる」うちに、調べる癖をつける☆ 2017.6.29

 

テレビを見たり、新聞を読んだりしていると、ときおり、知らない言葉が登場します。

たとえば「鳴り物入りで始まった国会」という記事が新聞に載っていたとします。

「国会」の意味は分かりますが「『鳴り物入り』とは、どういう意味だろうか」と

疑問に思い、気になります。

 

気になる気持ちは大切です。

 

その気になった瞬間、辞書やインターネットを使って調べる癖をつけることです。

「気になる」という気持ちは「勉強したくてたまらない」という気持ちと同じです。

興味があるときにする勉強は、よく吸収できます。

その気になっていますから、熱が冷めないうちに勉強するのが一番身につきやすいです。

 

鳴り物入りの意味を調べると、次のような意味だと分かりました。

「鳴り物を使って賑やかにすること。大げさな宣伝などをして、はでに騒ぎたてること。

(引用:広辞苑)」

つまり「鳴り物入りで始まった国会」とは「いろいろな諸問題を抱えて

賑やかに始まった国会のこと」という意味です。

意味が分かった瞬間に「なるほど。面白い表現だ」と、納得します。

 

納得するまで、調べることが大切です。

 

この積み重ねが、勉強です。

机に向かってするだけが、勉強ではありません。

日常で気になったことをその場ですぐ調べる姿勢で、すでに勉強になっているのです。

 

気になったら、すぐ調べる癖をつける。

 

北九州市八幡西区折尾個別指導「オアシス学習塾」

 

お問い合わせ

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。