☆がんばってるのに・・・?☆ 2016.10.23

☆がんばってるのに・・・?☆ 2016.10.23

%e3%81%8c%e3%82%93%e3%81%b0%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%ab

 

 

がんばっているのになかなか結果がでないときってありますよね。

 

「こんなにがんばっているのに・・・」

「私より楽してるあの人が成績いいなんて」

「こんなにやってるのに、やっぱり僕はダメだ」

 

そう思ってしまうことってないですか。

 

それは、「がんばる」方法が間違っているのでは?

自分にあった「がんばり方」を見つけましょう!

 

①努力には限界があることを知る!

努力には、限界が存在します。もうこれ以上はどうしてもできないラインが存在するんです。しかし、

工夫、勉強の工夫には限界はありません。つまり勉強のやり方から勉強するのも1つのがんばり方です。

 

②面白さをつけ加える。

がんばることは、ガマンすること。ガマンするということは、「楽しい」と思っていないのでは!

嫌いな教科のときこそ、面白要素をプラスしましょう。教科書にフセンを貼りまくったり、

一言コメントを書きまくったり、イラストをいれたりして、意識して面白くする。これって大切。

 

③がんばる方向を確認する。

あなたががんばる方向はそっちでいいんですか?毎日、勉強し続けていると、ついつい勉強の

「目標」を見失いがちです。いま一度、あなたが目指すゴールを思い出してみましょう。

 

④勉強結果を常に反省する。

勉強しても結果が出ない、それはよくあること。大事なのは、そこから何に気づくか、です。

落ち込む必要はありません。ただ反省しましょう。

「いまの勉強方法で何か改良できるところはないか?」

「この結果は次にどう活かせるか?」

さぁ、答えてみてください。

 

⑤ラクに勉強している人を観察する。

ラクしているのに成果がでている人は、あなたの周りにいませんか?そういう人こそ、

「工夫の達人」です。ラクしたいという欲求は、「工夫する!」という行動につながります。

そんな人たちを観察して、どんな工夫をしているのか参考にしましょう。

 

結果がでるがんばり方、それを身につければ勉強はうまくいく! 

お問い合わせ

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。