☆耳栓をすればいい。☆ 2019.2.27

☆耳栓をすればいい。☆ 2019.2.27

 

集中力を奪われる、鉛筆の音。

試験中は静まり返っていると言いたいところですが、残念ながらそうではありません。

時と場合によって、試験中に気になる音があります。

鉛筆の音です。

 

とある模擬試験中のことです。

たまたま隣に座っている受験生の鉛筆の音が気になり、

集中力を乱されたことがありました。

静かな教室では、鉛筆で文字を書く音がよく聞こえます。

「カリカリ、カリカリ」

自分が問題文を読んで考えている最中に、

隣から軽快な鉛筆の音が聞こえると、集中力が乱れます。

書いている音からして、順調そうです。

「隣の人はすらすら問題を解いているな。順調そうだ。それに比べて自分は……」

不安になったり焦ったりして、集中力が奪われます。

 

こうしたことがときどきではなく、試験を受けるたびにあります。

だからとはいえ、試験中に「鉛筆の音がうるさい」とも言えない。

隣の人が、鉛筆ですらすら書く音が軽快で、妬んでしまいます。

簡単に問題を解いているように感じてしまいます。

 

こういうときはどうすればいいのでしょうか。

 

耳栓をすればいい。

 

意外に知られていませんが、ほとんどの試験では、耳栓が許可されています。

たとえ、試験官に「それは何だね」と疑われても「耳栓です」と答えれば、

許可してくれるはずです。

 

耳栓は、威力を発揮します。

試験中の鉛筆の音が消え、静寂の空間を手に入れることができます。

耳栓は、たかだか数百円です。

その数百円で、集中できる空間と時間を手に入れることができるのです.

集中できない人は、耳栓をして、試験を受けてみましょう。

 

北九州市八幡西区折尾個別指導「オアシス学習塾」

お問い合わせ

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。