☆コロナで受験は変わるか☆ 2020.5.19

☆コロナで受験は変わるか☆ 2020.5.19

 

今、世界中で新型ウイルスが流行っています。

たくさんの国で、学校が休校されているので、日本でも受験がどうなるか気になるところだと思います。

そこで今回は、新型ウイルスによって受験は変わるのかということを、具体的に考えてみます。

今回の内容を理解していただければ、どんな状況になっても志望校への合格率は確実にアップする

と思うので、ぜひ参考にしてください。

 

 結論いつまで長引くかによる

受験がどうなるかについて、福岡県で現時点で考えられるいるパターンは2つあります。

 

1つ目は、5月下旬までに収束して6月から学校が再開されるパターンです。

この場合、学校に行けていない期間が2ヶ月あります。GWがあることを考えると、

実質7週間程度のブランクになります。

これくらいなら、夏休みと冬休みを潰せば補えるので、受験への大きな影響はないでしょう。

2つ目は、5月に収束して6月から学校を再開したけど、秋くらいからまた流行り始めて

12月頃に再び休校になるというパターンです。

これだと、授業は始まっているので受験の準備がすでに進んでいます。

しかし再び休校になると、受験の日程や方法が変更になる可能性が高いです。

 

状況別で、どのように受験勉強を進めていけば良いか。


6月から学校が再開する場合、夏休みや冬休みを削ってカリキュラム通りに授業を進めることになります。

この場合、受験の範囲が狭くなる可能性があります。

そうなると、浅く広い知識が求められるようになるため、基本問題を中心に勉強しましょう

6月からは多くの子が一斉に受験勉強を始めるので、周りの子に遅れないよう集中して取り組むことが大事です。


冬に再度休校になる場合は、2つのパターンが考えられます。

1つ目は、受験当日に試験をするのは無理なので、内申点だけで合否を決めるというパターンです。

この場合、定期テストが大きく影響してくるので、6月からのテストに全力で取り組む必要があります。

2つ目は、日程をずらすパターンです。

40人が1日で受験をしていたのを、濃厚接触を避けるために20人で2日に分けて実施するなどが考えられます。

ただ、基本的にはこれまでの対策と大きな差はありません。

 

  合格するためにやるべきこと

最後に、それぞれのパターンで、どういう勉強をすれば志望校に合格できるのか解説します。

結論、受験に向けてやるべきことは何も変わりません。

変わるのは、スケジュールだけです。

これまでの受験に向けての基本的な勉強法を続けることだ大事ですが、

今年はその通りにはできないこともあるでしょう。

休校期間があるため、スケジュールがタイトになるからです。

しかし、これまでの受験勉強法を一つずつこなしていただければ、志望校に合格できます。

 

本日のまとめ

6月から学校が再開すれば、夏休みや冬休みを削って補えるので、受験への大きな影響はないでしょう。

6月再開で冬に再度休校の場合は、受験のやり方が変更になる可能性があります。

内申点のみで合否を決めたり、日程がずれるなどの影響が考えられます。

内申点100%なら、定期テストに全力で取り組む必要があります。

それ以外のパターンなら、受験までにやるべきことは基本的に何も変わりません。

変わるのはスケジュールだけです。

いつもお伝えしている方法で、受験勉強を進めていただければと思います。

激動の1年であることは間違いないですが、一緒に乗り越えましょう!

 

北九州市八幡西区折尾個別指導「オアシス学習塾」

 

 

 

お問い合わせ

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。