★センター試験は、今★ 2017.2.2

★センター試験は、今★ 2017.2.2

親子でおさえたい 「センター試験」の動向と今必要な対策とは?

 

基本重視だからと侮れない現行のセンター試験

毎年1月に行われるセンター試験。国公立大学では原則としてセンター試験と個別試験の合計で合否が決まるため、いわば、1次試験の意味合いがある。また私立大学でも8割以上の大学が利用するなど、受験生にとって非常に重要な試験となっている。実際、センター試験は2016年度実績で出願者は約56万人にも上り、少子化が進む中でも近年は55万人以上の出願が続いている。Z会で大学受験コースを統括する中高事業部指導4課、課長の中村一貴氏は、「私立大学は大学によって出題傾向がかなり異なります。そのため個別の大学の受験対策とは別にセンター試験対策も十分に行っておくことが必要です」と語る。

最近のセンター試験にはどのような傾向があるのだろうか。「基礎・基本を重視しつつも、学力の差が出るように工夫された問題が増え、ここ10~15年で難度は上昇しています。たとえば、国語では基本的な読解力だけでなく、制限時間内で多くの問題を解く処理能力も問われるため、独自に対策を立てなければ合格基準に達するのは難しいと言えます。英語の設問もバラエティに富んでおり、グラフを絡めた問題や物語風の問題など、さまざまなジャンルの文章が出題されています」(中村氏)。

とくに文系の受験生の中には数学が苦手だという人も多いかもしれないが、数学におけるセンター試験対策の必要性を中村氏はこう指摘する。

「新傾向の問題や思考力を必要とする問題が増えています。自己流の計算でともかく答えを出せばいいというものではなく、センター試験独特の流れを踏まえて答えを出さなければならない問題になっています。そのため、記述式の問題は得意でもセンター試験は苦手という受験生も見られます。難度も高く、数学での失敗がセンター試験の結果に影響を与えることも多いので、徹底した対策が必要です。時間内に的確に問題に答えていくために、平常心を保つことも必要になってくるでしょう」

センター試験に対し、万全の対策で臨むにはどうすればよいのか。中村氏が重視するのが日常の学習だ。

「基礎的な内容を多く含んでいるので、基礎的な勉強をしっかりとしていればある程度対応できるとわれわれは考えています。ただし、継続的な積み重ねが必要なので、入試が近づいてきたからということではなく、常日頃からセンター試験の対策は必要だと言えるでしょう。受験生になってからではなく、高校2年生までの日頃の学習の積み上げが求められるということです」

2021年には出題形式の大幅な変更も

センター試験は今、大きく変わろうとしている。2021年からはセンター試験は「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」に変更される予定だ。なぜセンター試験は大きく変わろうとしているのだろうか。

「これまでのセンター試験では十分に測れなかった学力をいかに問うのかということに尽きます」と中村氏は断言する。

「現行のセンター試験は全問マーク式であり、知識の習得状況や分析的思考力の評価に優れる一方で、思考の過程や結果を表現する力を十分に評価できていない、という課題が指摘されています。これを踏まえ、新テストでは記述問題を導入し、複数の情報を統合して新しい考えを生み出す力や、それを表現できる力を問うことが予定されています。より本質的な思考力を問う出題を目指して検討が進んでいるところです。まだ詳細な内容までは公表されていませんが、たとえば、国語や数学では記述式問題も出題例として示されています」

さらに英語では「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能をバランスよく問うことが検討されていたり、理科では実験から仮説を立てて検証するタイプの問題なども検討されているという。

センター試験1

 

詳細については今議論の最中だが、「基本的な流れは変わらないだろう」と中村氏は推測する。それではどのような対策が必要になるのか。

現在の中学2年生からは新しい試験への対応が必要になります。実施方針の公表やプレテストの実施が予定されているのは彼らが中学3年生~高校1年生になるころですので、それまでは議論の方向を見ながら試験対策をすることが必要になってきます。そのためには、つねに最新の情報を入手できるよう、アンテナを張っておくことが重要です」

もちろん単に情報を入手するだけではなく、問われる学力の変化に合わせた対応も必要となる。

将来の受験生が今できる対策とは?

今の中学2年生から入試が変わることを踏まえ、一部の学校では対策を始めているところもあるという。「学校の日々の活動の中で記述を取り入れる学校が増えています。また対話的な学びを取り入れたアクティブラーニング型の授業も浸透してきており、生徒たちも徐々に新しい教育方法に慣れつつあるのではないでしょうか」(中村氏)。

ただ重要なことは、新しい試験は突然現れるのではなく、今の試験においても少しずつ変化していくということだ。中村氏も「自分で物事を考えるには、知識が必要とされます。その意味で、新しい試験は決して知識軽視ではありません。いくつかの知識を組み合わせて判断するような『知識+思考』が求められるのです。そしてそうした試験問題はすでに徐々に増えてきています」と、変化の連続性を強調する。

センター試験2

今後のセンター試験の動向を受験生だけでなく、親も一緒にウォッチしてほしいと中村氏は語る。

「入試改革の情報は今、非常に錯綜しています。そのため、まずは情報のアンテナを張ることが大切です。これまでの入試では問われなかったり評価されなかった多様な力を認めていこうという方向性になっていますので、多くの受験生にチャンスが広がっています。親御さんが受験生だった時代とは、入試のあり方も様変わりしていますので、今までの常識にとらわれず、ぜひフラットな気持ちで大学入試に接していただければと思います。」

 

北九州市八幡西区折尾個別指導「オアシス学習塾」

お問い合わせ

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。